MENU

金融機関と弁護士に話したこと

金融機関でお金を借りたいと思っていたことがありました。というのも、かなりお金に困ってしまったことがあったからです。離婚した直後は、収入源がなくて困っていました。結婚していた時には、旦那の収入に頼って生活をしていたのですが、離婚して旦那と離れ離れになってからは、収入源が一気に閉ざされてしまったのです。

 

仕事をしていなかったことに加えて、貯金も全くなかったのです。仕事に復帰するためには、自分の家を構える必要がありました。そのような時には、まとまったお金が必要だったのです。すぐに金融機関でお金を借りたいと思っていたのですが、本当にそれが正しい選択であるのかどうかわからずに、不安に感じていたことも事実でした。

 

間違って変な選択をするよりも事前に相談をして、事前に防ぐことができる問題は防ぎたいと思っていました。そのために、金融機関についての正しい情報を持っている弁護士に話してみたのです。すると、弁護士が中立的な意見をしっかりと述べてくれました。その話を聞きながら、金融機関に頼りすぎるよりも自分に適切なアドバイスを見つけることができたので良かったです。

 

一気に多額を手に入れるよりも、まずは少額からの利用を始めることにしました。

金融問題に強い弁護士

財布にお金が入っているとつい気持ちが大きくなってしまうという悪い癖がありました。

 

必要以上にお金を入れておかなければいいのですが、いつ何があるかわからないと思えば、どうしてもお金を持ち歩いてしまっていたのです。
あればある分だけお金を使っていれば、月末になればお金が足りなくなるのは当然です。

 

たりなくなれば仕方ないから金融機関に借金をして、その場しのぎをするという繰り返しは本当に良くなかったと感じています。

 

金融機関にお金を借りる時にも、最低限の金額にしておけばいいものを、つい余分に借りてしまっていたので、やはりそれも使い込んでいました。
お金を使い過ぎてしまうのは一種の病気なのかもしれないとも思いましたが、どんな理由だったとしても返済はしなくてはなりません。

 

借金が大きくなり過ぎてしまったので、借金問題に強いという弁護士の先生に相談をすることにして、債務整理を手伝ってもらう事にしました。

 

一度借金を整理したからには、もう二度と同じような事を繰り返すわけにはいきません。

 

気を引き締めて限りあるお金の中での生活になれなくてはなりませんので、
財布の中には最低限の金額だけを入れるようにし、無駄遣いに走らないようになりました。

金融機関からの借金返済に困り弁護士に依頼

体調を崩して働くことができず、仕事を休まざるを得なくなりましたが、生活費が必要だったので銀行のカードローンを利用することにしました。信頼できる金融機関だし、これまで給料振り込みや光熱費引き落としとして利用していたので、利息がそれほど高くないだろうとしっかり確認していませんでした。

 

毎月数万円くらいの借り入れなのですぐに返済できると思っていたら、気づいたときには100万円を超える借金になっていました。その他の金融機関からも借り入れをしていたので、返済の目途がたたなくなりました。延滞すると同時に激しい取り立てに悩まされるようになったので、弁護士に相談をすることにしました。

 

精神的にもかなり追い詰められていたので、とにかく誰かに助けて欲しいという必死の想いで弁護士に相談したところ、債務整理をしたほうがいいとすすめられました。手続きなどを全て代行してもらい、任意整理を行うことにしました。体調も回復して職場復帰することができるようになったので、これからは安定した給料を得られますが、これまでの借金に対する利息が大きすぎて生活を圧迫していました。

 

そこで任意整理をして借金そのものはそのまま返済し、利息を減額してもらうことになりました。返済計画が認められたので、厳しい取り立てもおさまり、弁護士に依頼して良かったと考えています。

参考サイト

  • 札幌で債務整理

    借金に悩んで札幌で債務整理した人の口コミ評判、無料相談サービスの紹介など。

  •  

  • 債務整理の法律事務所

    債務整理をした人がどのようにして法律事務所を探したかをアンケート調査しました。